ハードロック万華鏡

蓼食う虫も好き好き

Yngwie Malmsteen の天才性。ちょいぽちゃだって正義?-[Trilogy]

あとで読む

ここ10年、日本にもイケア(スウェーデン)や、フライングタイガー(デンマーク)等が参入してきたことで、北欧の家具や雑貨を目にする機会も増えましたね。ハードロック/ヘヴィメタル界にも北欧から世界に進出し、多くのミュージシャンに多大な影響を与えた人がいます。

 

クラシックとハードロックの融合

 

とある放課後の1日。

ザキ: 先輩、チースっ。今日はこんなの持ってきました。

 

Yngwie Malmsteen 「Trilogy」

 

スマホで、Yngwie (イングウェイ)を調べ始める2人。

マミ: ザッキー、何々この人。格好良いじゃん。

ユリ: 確かにイケメンね~。あれ、マミちゃん、でもこれも同じ人かな?(現在のインギーを知った模様)

(注釈:インギーとは、Yngwie Malmsteen の日本でのあだ名)

マミ: これ同じ人みたいですね、先輩。

ユリ: そうすると、ちょっとぽっちゃりしてるわね。

 

ザキ: (やべえ、バレると思ったわー、ぽっちゃりインギー)

(注釈2:インギーはデビュー当時は痩せていたが10年後くらいからちょいぽちゃに。そして徐々に肥大化が進行....)

 

ユリ: でも、このポチャ感、結構好きかも。

 

ザキ: えっ?

 

マミ: 先輩、ちょいポチャ好みなんですか~?

ユリ: ポチャが好みっていうより、このポチャ感は可愛いってことよ。

マミ: あー何かわかります(笑)

アミハシ: (わかるのかーいww)

 

ザキ: あの~、音楽の方はどうですか?

ユリ: 何か速いな~って印象ね。

マミ: 速くてちょっとぽっちゃり!可愛さ満点ですね~。

ユリ: 速くてぽっちゃりな猫って可愛いさ満載よね。

マミ: ですね~。

 

ザキ: (速くてぽっちゃりな猫?....)

アミハシ: (確かに雰囲気は猫系だわwww)

f:id:colombiacolom:20200928010219j:plain

 

ユリ: アミハシ君は、ちょいポチャは好み?

アミハシ: (えっ?どんな質問なんだw) あっ、はい。ちょいポチャも大好きです

 

園芸部一同。顧問の先生の指導で、植物に音楽を聴かせて成長の違いを観察しています。(日替わりで、それぞれが好みのアルバムを紹介しながら経過確認中)

ザッキーことザキは1年生で、Hard Rock/Heavy Metal 好きな人。
マミは2年生で、兎に角よく喋り、適当な要素多めな人。
ユリは3年生で、綺麗系で毒舌と大らかさが混在した人。
アミハシは2年生で、突っ込み好きな性格だが弱気なため心の中で突っ込むこと多し。70~80年代のロック好きな人。

 

ところで Yngwie Malmsteen ってどんなバンド?


このバンドは、北欧スウェーデンを17才で飛び出してアメリカに渡った Yngwie Malmsteen (イングウェイ・マルムスティーン)さんが、21 歳の時に作ったバンドです。クラシックを子供の頃から学んでいた彼は、創意工夫によってクラシックとハードロックを見事に融合させた天才です。彼が凄かったのは、その天才的な発想力に加えて、超絶技巧の持ち主でもあったという点。

後のギターリスト達に与えた影響力で考えると、Van Halen の Eddie Van Halan (エディ・ヴァンへイレン)と、Yngwie Malmsteen (イングウェイ・マルムスティーン)が双璧と言えます。

もう1人の天才、Eddie Van Halan さんについてはこちらをどうぞ。

www.hardrock-mania.com


因みにどれほど凄かったかというと、プレー、曲だけでなく、格好まで激似のプレーヤーを増殖させたほどです。真似から入るのは上達の基本と言いますが、流石にやり過ぎだろって人もちらほら....(笑)

 

このアルバムは、Yngwie Malmsteen 名義になってから3枚目のアルバムで、1986年発売です。

代表曲は、1曲目の「You don't remember, I'll never forget」、2曲目の「Liar」、3曲目の「Queen in love」、9曲目の「Trilogy suite Op.5」です。個人的には4曲目の「Crying」も結構好きですね。アルバムはBillboard200で44位獲得。

 

4,9は歌無しのインスト曲なのですが、9曲目の「Trilogy suite Op.5」が世界に与えたショックはメガトン級だったようです。正確さと速さ、曲構成の格好良さ等々。今聴いてもヤバいです(笑)

 

Yngwie Malmsteen のどうでもいい話


正確に言えば、このアルバム発売時のバンド名は、Yngwie J. Malmsteen RisingForce 。この彼名義のバンドは、ちょくちょくバンド名が少しだけ変わってたりします。戦略的だったのかどうかは全くわかりません。

これを知った1部のファンは、

-「インギーってちょくちょくバンド名変えてるけど、何で?」

-「あれじゃね。天才の気まぐれww

-「あ~、なるほどね、天才になってみてーw」

とアホな会話をする中で、天才の気まぐれがどんなものかを理解したとか....


最初の会話は、私が体験した実話を元にアレンジを加えたフィクションです。

Yngwie (イングウェイ)はやっぱり天才だわな~。

ご縁があれば次回お会いしましょう。ではでは。