ハードロック万華鏡

蓼食う虫も好き好き

Richie Kotzen 風味に溢れてる?-[Wave of Emotion]

あとで読む

ドラマ、映画、漫画で名作と呼ばれるものの数より、そう呼ばれないものの方が多いですね。そう呼ばれないものの中にも中盤までは良作といったものから、最初だけは良かったというものまで千差万別です。それはハードロック/ヘヴィメタルのアルバムでも同じで、数曲は最高、1曲だけ良いといったものが沢山存在します。今回はそんなアルバムの紹介です。

 

1996年発売:Richie Kotzen (Wave of Emotion)

 

とある放課後の1日。(前回の続き)

 

ザキ: 先生もアルバム全体だとイマイチだけど、数曲は最高みたいな感覚ってありますか?

不動山: そういうアルバムの方が断然多いかな(笑)これなんかそうだね。

 

Richie Kotzen 「Wave of Emotion」

 

(聴き込むザッキー....)

 

不動山: 正直、アルバム通して決して悪くはないんだよね。非常に Richie Kotzen ぽさ満載なんだけど、1曲目「Wave of Emotion」以外はパンチがないというか。

ザキ:  確かに差が激しいですねw

f:id:colombiacolom:20210324043633j:plain

 

不動山: この前も紹介したけど、Richie Kotzen のこと凄く好きなんだよね。好きだからこそちょっと辛くみちゃう所があるかもしれないね~。

ザキ:  先生、愛あるがゆえに!ですねw

不動山: ハハそうだね。愛あるがゆえにだね(笑)

 


前回の話はこちらです。こちらのヴォーカルとギターも、Richie Kotzen (リッチー・コッツェン)です。

www.hardrock-mania.com

 

園芸部一同。顧問の先生の指導で、植物に音楽を聴かせて成長の違いを観察しています。(日替わりで、それぞれが好みのアルバムを紹介しながら経過確認中)

ザキは1年生で、Hard Rock/Meavy Metal 好きな人。あだ名はザッキー。
マミは2年生で、兎に角よく喋り、適当な要素多めな人。
ユリは3年生で、綺麗で毒舌と大らかさが混在した人。
アミハシ2年生で、先輩に気を使って心の中でのみツッコミを披露する70~80年代ロック好きな人。
不動山先生は、部活の顧問で超優しく、昔HR/HMの大ファンで今も割と好きな人。

 

ところで、RICHIE KOTZEN ってどんなバンド?


Richie Kotzen (リッチー・コッツェン)は、既に若手ギターリスト発掘で有名になっていた Shrapnel からハードロックのギターリストとして1989年にデビュー。そこからギターリスト兼ヴォーカリストへと進化していきます。このアルバムはソロ名義で6枚目のアルバムです。非常に多彩な人で、このアルバムは若干ファンク色のあるロックアルバム

ギターがもの凄く上手いです。それもロックだけじゃなくジャズ・フュージョン、ブルースなどの幅もあり非常に多彩なので名手と呼ばれたりもします。しかも歌の才能もあり、顔が超イケメン。無いものがないってくらいの人です。

このアルバムはヴォーカルメロディ、手癖のギターフレーズ、コーラス等、Richie Kotzen 節満載です。この [Wave of Emotion] と、この前に出した [Mother Head's family reunion] が彼の音楽のベースと感じます。Richie Kotzen を知るのには最適なアルバムかもしれません。


この数年前に、CCデビルの替わりで Posion に加入してます。(そのアルバムと [Mother Head's ~] については別の機会に紹介予定です) 本当に何でもできます。

Poison についてはこちらをどうぞ。

www.hardrock-mania.com

 

Wave of Emotion の代表曲


このアルバムは、1996年発売。

 

お勧め曲は、当然、1曲目の「Wave of Emotion」。

 

この曲だけはたまに聴きたくなるくらい良いです。

Richie Kotzen はギターと歌が上手いだけじゃなく声もやや渋みがあって最高です。ただ何でも自分でできることの弊害か、ソロアルバムは良い曲が数曲だけってパターンが多い(笑)